船橋市の歯医者 | 武内歯科クリニック
HOME>一般歯科

歯周病治療

歯周病の原因と予防方法
歯周病(歯槽膿漏)はほおっておくと歯槽骨(歯を支えている骨)を溶かし、やがては歯を失ってしまう病忠です。歯が無くなると、ブリッジや入れ歯をしなくては歯の機能回復は望めません。
歯周病も虫歯と同じく日々の生活で予防する事が出来ます。原因をしっかり自分自身で把握し日々の予防に努めましょう。
また、歯周病にかかられた方でも当院ではしっかりと治療を行い、自分の歯を残す治療を一番に行っております。
原因その1 歯垢(プラーク)
歯垢は歯周病になる一番の原因です。
歯垢は様々な細菌が生育していて、これらの細菌が産出する様々な物質が歯肉の免疫機購刺激し炎症をおこし歯周病になります。

予防方法
虫歯の予防と同じく毎日の歯磨きで歯垢を残さないようにお口の中を清潔にしておく事が一番大事です。
原因その2 不正咬合(咬み合わせが悪い)
原因その2 不正咬合(咬み合わせが悪い)
歯牙の排列が凸凹して歯磨きがしずらくなり、歯槽骨に悪い影響をあたえる可能性があります。
また、歯ぎしりや食いしばりなど原因にもなり、歯槽骨に負担をかけ、歯周病の進行を早める原因になります。

予防方法
咬み合わせの予防は残念ながらありません。
咬み合わせの治療に関しては矯正治療、顎骨の位置の調整、などがあります。
当院の院長先生は日本顎咬合学会認定医の資格を有しており、歯科治療と共に咬み合わせの治療を同時に行い、歯周病の治療と予防に努めています。
原因その3 喫煙
原因その3 喫煙
たばこのヤニは歯周病の一番の原因となる歯垢を付きやすくします。また喫煙は歯周病の進行を早めます。たばこの中に含まれるニコチンが歯肉の血管を収縮し血流を悪くし免疫力を低下させたり、喫煙によって体内にある白血球が刺激され患部の炎症を強くしたり、など様々な病気進行促進の悪影響があります。

予防方法
たばこの本数を減らす節喫や、喫煙のあとの歯磨きの徹底、などが予防方法です。

歯周病の症状
 歯肉が、赤くはれている。
 歯茎から出血している。
 冷たいものや熱いものが、しみる。
 朝おきた時、口の中がネバネバする。
 口臭がある。
 歯茎から膿がでる。
 歯がグラグラする。
 歯が長くなったような気がする。

2つ以上チェックがあった場合・歯周病にかかっている可能性があります。
歯周病の治療方法
歯周病治療の基本は、歯垢(プラーク)と歯石を確実に取り除くことです。
それは、ブラッシング指導(プラークコントロール)と歯石の除去(スケーリング)が重要となります。
しかし、歯周病が進行した場合、その進行の度合や症状に応じた治療が必要となります。


ブラッシング指導(プラークコントロール)

すべての歯がうまく磨かれているか確認するのは、なかなか難しいものです。
ご自身の歯並びやブラッシングの癖などをしっかりと理解していただいた上で、ご自身にあったブラッシング方法を習得していただきます。

除石(スケーリング)

歯石は歯の表面に強固に付着しているので、超音波の振動ではがしたり、鋭い刃を持つ器具(スケーラー)でかき取ります。
Flap Operation

歯周ポケットが深く、スケーリングだけでは歯石を全部取り除けない場合、器具が届くよう歯肉をめくり、歯の根を露出させた状態で除石をします。
この方法を「Flap Operation」といいます。つまり、手術を伴う除石法です。
暫間固定

不幸なことに動き始めてしまった歯牙は、動くことにより歯周組織を刺激してしまい、より破壊が進んでしまいます。そこで動いている歯牙を接着性レジンとワイヤーでつなげ動きを止め、歯周組織の正常化を促します。
歯周病治療の流れ
step.1初診
現在の健康状態や、現在のブラシング習慣についてのお話を伺います。疑問や質問がありましたら遠慮なくご相談ください。
どうして歯周病になったのだろう?
次のステップ
起こってしまった歯周病に対して
次のステップ
step.2リスク診査
生活習慣/喫煙経験/糖尿病などの病気の問診など
step.2歯周病変の診査
視診/レントゲン検査/歯周ポケットの検査
次のステップ 次のステップ
step.3自分のリスクを知る
歯周病をこのまま停止させるためにはどうしたらよいかを説明いたします。
step.3歯周病の状態を知る
診査結果を見ながら、歯周病の進行の程度、治療方法等を説明いたします。
次のステップ 次のステップ
step.4リスクの改善
歯みがき習慣の改善/喫煙
step.4歯周治療
バイオフィルムや歯石の除去
再評価/再発予防のため定期健診と、定期的な除菌クリーニング
歯周病治療の料金
歯周病治療は全て保険法により決まっております。