船橋市の歯医者 | 武内歯科クリニック
HOME>一般歯科

虫歯治療

虫歯にならない為の予防歯科
虫歯にならない為には、予防が一番大事です。
自宅で行う虫歯予防と歯科医院で治療として行う虫歯予防があります。

方法 効果
ブラッシング
(歯磨き)
歯ブラシで歯面をブラッシングする事で歯に付着した汚れを取り除く事ができ虫歯を予防する事が出来ます。
ただ、力まかせに歯磨きをしても歯と歯が接している部分や歯ブラシの毛先が当りにくい奥歯などは汚れを取り除くのが難しいです。
正しい歯磨きの仕方を覚えましょう。
糖分を抑制する? お子様は特に良くチョコレートや飴など糖分の多いお菓子を好みます。
ミュータンス菌などの虫歯の原因となる細菌は口の中の糖分を餌として増殖し酸を発生します。
糖分が多ければその分発生する酸も多くなり虫歯になり、糖分を抑える事は細菌の増殖、酸の発生の抑制に繋がり虫歯の予防に繋がります。しかし我慢させるというのはストレスが溜る原因にもなりかねませんので、糖分を摂取したら可能な限りすばやく洗い流すことが良い と思います。
フッ素化物の使用 歯のエナメル質は96%がハイドロシキアパタイトという結晶でできています。ハイドロキシアパタイトは細菌の発生する酸に弱くpH5,5以下の酸でエナメル質は溶け出し、虫歯になります。
フッ化物配合歯磨剤での歯磨き、フッ化物の歯面塗布、フッ化物含有シーラント(奥歯などの虫歯になりやすい歯にフッ素化物入りのセメントを入れる予防方法)などをする事で、歯がフルオロアパタイトという酸に強い結晶構造になり強い歯質にする事ができます。
歯磨きやうがいは私生活でも行う事が出来ますが、フッ化物の歯面塗布とフッ化物含有シーラントは歯科医院でしか出来ない方法なのでご相談下さい。
虫歯の治療方法
虫歯の治療方法 虫歯によって歯に穴が開いたりした歯は、自然に回復することはありません。虫歯によって失った歯質は金属やプラスチック等の材料を使って修復する歯科治療を行います。 また神経まで細菌が達した場合は歯の神経を抜く歯科治療治療が必要になります。さらにひどい症状では歯の根元にまで細菌が達して病巣ができて歯肉から膿が出ることもあります。この場合は根の治療をくり返し、顎骨まで達っしている細菌の消毒を行います。しかし治療のタイミングが遅れ悪化すると残念ながら歯を抜かなくてはならない場合もあります。食事の時、食べ物がつまったり、冷たい水や食べ物でしみたりした時は出来るかぎりの早期受診、早期治療をお勧めします。
虫歯治療の料金
虫歯治療は全て保険法により決まっております。